Repetition   

反復の大切さ

Have you wondered why we sing a song so many times in class? Repetition is essential for early music learning. Repetition helps create and strengthen neural pathways in the brain, which are important for developing new skills, and repetition helps a child feel safe, which is important for exploring and learning new things. So, when your child asks to hear her favorite song over and over, go ahead and sing it again and again, knowing you are helping her learn!

なぜレッスンで同じ歌を何度も歌うのか不思議に思ったことはありませんか? 幼い時に音楽を学ぶには反復が不可欠です。反復は、新しいことを学ぶ時に重要な脳内の神経経路の形成と強化に役立ちます。反復は、新しいことを探求し学習するために重要な子どもの安心感を高めるのに役立ちます。だから、お子さんが好きな歌を何度も何度も聞こうとしたら、それも学びの一つであることを理解して、何度も何度も一緒に歌ってくださいね!

Children are "On record" in class   

クラスでは後で再生するための「録画の時間」でもあるのです。

I expect that many of the children will spend their time simply observing what we do in class. This is because children need to first receive information before they can experiment and play with it. Think of them as being “on record” in class and then you push “play” at home or at another time. Let’s make sure not to interrupt their observing time in class—this is their valuable time to collect the “data” that they will use to experiment with later on!

時に子供達がクラスで何をしているかをじっと観察していることがあると思います。これは、子供が実験したり遊んだりする前に、まず情報を受け取る必要があるからです。​子供達は、例えるとクラスで「(頭の中でまず)録画している」と考えて、家にいる時や別の時間に 「再生する」 を押している感じです。授業中の観察時間を中断しないようにしましょう。これは、後で再生するための「データ」 を収集するための貴重な時間なのです♪

Echoing your child    子供のまねをする

Did you know that you can support your child’s tonal and rhythm development in much the same way that you support language development? I’m sure you recognize how important it is to echo your child’s first sounds—this validates her language babble and encourages her to continue experimenting with sounds. It is through this experimentation process that she will eventually begin to produce recognizable words. It works the same way with music development. If you reinforce your child’s early attempts at music making by echoing or mirroring her behavior, she will keep experimenting with her “instrument,” eventually becoming a music-maker in her own right.

子供の言ったことをまねしてあげることによって、言語の発達をサポート出来るということを知っていましたか?初めて子供が発した音をまねする事がどれだけ大切な事であるかは、ご存知だと思います。これは、子供が自分が発した音を確認出来、また違う音を出してみようとする勇気を出す(自信をつける)ことになるのです。この繰り返しによって、少しづつ言葉というものを発することが出来るようになっていくのです。音楽も同じです。子供が発した音や動きを真似してあげることで、自分から音を出す、音楽に合わせて体を動かすということに自信がついてきます。自分の楽器(声)で色々な試みをしてみることができるようになり、いずれはmusic maker 自分で音楽を作り出す力につながっていくのです。

Bi-directionality 反対方向に行く意味

よくクラスで一方向に動いて、また反対に動いたりしますよね?

これには、楽しいだけでなく、意味があります。これが実は、子供の音楽の発達にとって重要な役割をします。反対方向に空間を移動することで、子供はより完全でバランスの取れた方法で動きを体験し、理解することができます。歩くような単純な動きでも、動きの方向が変わると、幼い子どもの脳には新しい発見になります。今度反対方向に動きを変える時、子供たちの反応を注意深く観察してみてくださいね。

Benefits of Touch 触れることの大切さ

 

クラスでよく音楽に合わせてパートナーと向き合って、手を握ったり、手を揺らしたり、手を取り合って漕ぐ真似をしたり、手を振ったり、手を叩いたりしますね。それには音楽も学んだり、楽しいだけではなくて、もう一つ理由があります。Touch 触れることは、私たちすべてにとって、私たちの生涯を通じて不可欠です。実際、音楽をより楽しくするだけでなく、タッチにはさまざまな健康上の利点があります。免疫力を強化したり、鬱病を軽減したり、他人と心からつながりを持てたり、脳の刺激を促進し、痛みの軽減にさえ役立つと言われています。今はコロナの影響で、他人とはなかなか触れ合う事は難しくなっています。お家で、コロナに感染していない家族同士では、可能ですね。今の時期、みんなが心身共に健康でいられることがとても大事です。もちろんコロナに気をつけながらですが、子供達との触れ合いも忘れないようにしてあげてください。

Rhythm Development   

​リズム感の発達

Parents, "play-along" time during our classes provides you with a golden opportunity to observe your child’s rhythm development. Young children play with rhythm in many different ways: They may tap the wall, stop and start with the beat, and move in short bursts. All of these behaviors are steps towards your child achieving basic rhythm competence. While they may not resemble music-making as we know it, once you begin to recognize these behaviors, you can enjoy support them by simply mirroring them back to her.

レッスンの中の楽器で自由に遊ぶ時間「Play-along」タイムは、お子さまのリズム発達を観察する絶好の機会です。子供達はさまざまな方法でリズムに乗って遊びます。壁をたたいたり、止まってそれからビートから始めたり、短い間隔で一気に動いたりします。これらの行動はすべて、子供が基本的なリズム能力を獲得するためのステップです。大人が思っているような音楽作りとは違うかもしれませんが、一度これらの行動を認識し始めると、子供達の真似をするだけで、学びのサポートすることができます。